呼吸

体幹を鍛える?使えるようにする?

『体幹を安定させる』ために『体幹トレーニングを!』と思われる方が
チョコチョコいらっしゃいます。
 
昔、来店されていた方もお子さんのトレーニングに『プランク』のような
固定させるためのトレーニングを主にさせていたようです。
(その頃、今ほどの知見も無いので、色々調べているな程度の考えでした)
今では、一般的になり過ぎて小学生にも体幹トレーニングをなんて話も
伺う事があります。
 
やりたい事を中心に情報を集めてしまうので、不都合を感じる情報は
耳を塞ぎがちです。耳を塞いだ情報こそ必要なのかもしれません。
そんな今回の投稿です。
 
『鍛える』事が目的ならスルーで構いませんが、体幹トレを何かに
繋げていきたいと思っているなら、ちょっと寄り道を・・・
 
 

使い方に偏りはないか??

 
施術前に検査していると
 

●左右いずれかの回旋がやり易い
 →ゴルフ・野球のように体幹を回す方向が固定されていると余計に
 
●筋肉の作用する方向が変わっている
 →近接する筋肉の影響を受けて、出力低下を起こしている
 
●局所的に負担がかかっている
 →動作が偏った結果、負担のかかる部位は固定されてくる

 
といった問題が体幹でもあることが多いことが判ります。
このまま鍛えるとどうなるでしょう??
 
動きの偏りを助長する、負担をより掛けてしまうなどが予想できます。
より不均衡な状態が強まる場合もあります。

 
各々の筋肉が力発揮され、動作に偏りがないのが使えることではないでしょうか?
ただ、競技特性によっては意図的に作っている事もあるでしょうけど、
偏りの強さは身体を壊す危険性を高めているだけに思えます。
 
 

昨今、言われていますが

 
固定するためのプランクなどのトレーニングが必要か?
その後に何をしたいか?を考える必要があると思います。
 
固定したままで行うスポーツは無いので、
動きを作るためというのであれば、私は不要だと思っています。
ただ、固定する力をつける一環として行う場合はあるかもしれません。
 
ただ、『必要か?』を考えずに続けている方もいるでしょうし、
知っていて必要と判断して続けている方もいるでしょう。
 
まずは『それが必要か?』を考えることが大切だと思います。
 
EMSで鍛える・・・というのも楽して鍛えられません。
廃用している場合は有効ですが、日常生活が送れていれば
そこまでの効果は見込めないでしょう。
 
 

当店の提案

 
屈曲-伸展、左回旋-右回旋、左側屈-右側屈といった
動きを観察し、問題をピックアップしていく。
制限因子に対してアプローチし、問題を取り除く。
 
対抗する動作のどちらかがやり易い場合、筋肉の相互関係を
見直してやり難い動作をやり易くしていく必要があると考えています。
 
どんな動きにも対応できること、偏りなく動けることを
ニュートラルな状態とするなら、そこを目的にしています。
 
筋肉の使われ方の偏りを減らし、ニュートラルな身体をつくっていきませんか?
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加
  
 



呼吸pt2 どんなアプローチをするの??

生理的な面、機能的な面とアプローチがあり、両方とも自分自身で試していて、
続けようとポジティブにもなれる変化を徐々にではありますが感じています。
私自身は最低1年くらいのスパンで呼吸の見直し計画中です。
それくらいの問題を自分自身に様々な観点で感じています。
 
私の実践しているのはエクササイズですが、ウエイトやジョグといったものではなく
仰向けに寝て負荷をかけないものから座りながらでも出来るものを中心に行っています。
 
呼吸をスムーズに行われるようにする施術も勿論あります。
鼻・口から手を突っ込んで・・・なんてアプローチはありません。
胸郭・腹部・肩といった呼吸動作に関連する部位を評価したうえで
必要な箇所にアプローチしていきます。
 
吸気・呼気に対して主動・補助に働く筋肉があります。
各々がどんな時に働くのか?、働き過ぎていないか?など
検査からみていきます。
 

 https://www.facebook.com/NeuroKineticTherapy より

話は反れますが、
姿勢改善というと、背骨・骨盤の矯正を思い浮かべる方が多いかと思いますが、
腹部の安定がとれるだけで背骨に触ることなく楽に姿勢が正せる方もいます。
足部(足首から足裏)の調整をする場合も同様です。
どこにどんな問題を抱えているのか?によって施術内容はガラッと変わります。
 
姿勢だけに限らず、肩こりも一緒で呼吸によって首周囲の筋肉が過活動を起こした
結果ということも考えられますし、勿論、そういった方は何人もおられます。
原因予測は日常的な環境をお伺いしないと出来ません。
しょーもない事を聞かれると思わず、デスクワークの時間や何だかんだと
教えていただければと思います。
 
 

提供内容の変更に伴って考え続けている事

 
最近、整体ではないな・・・、明らかにリラクゼーションではないな・・・
と『みのみ』の屋号、躾のロゴはそのままに、以前から投稿で書いている
『整体&リラクゼーション』を内容に合せた名称に変更しようかと
今まで以上に考えています。
 
リラクゼーションのイメージとしてオイルトリートメント、ほぐし・・・
とくつろげる要素を印象させるものが多く、既にかけ離れています。
 
整体も同様に、身体を整えるとズレてはいないような気はしますが
ボキボキする・しないとか、骨格を整えるといった骨に特化した
イメージが話を伺っていると強いので、全くではないけれど・・・
自分の行っている施術全てにあてはまる訳でもないなと。。
 
やはり、VISION、MiSSIONに沿うような店名は大切だなと思う
今日この頃です。
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加
 

呼吸pt1 なぜアプローチするの??

昨年からの学びの流れでアプローチし始めた要素の一つ
日々、当たり前に行われている生命維持活動の『呼吸』
・・・止まったら死んでしまうので、無意識でも行われています。
 
路地入口のブラックボードに『呼吸』について書いたところ
リーフレットが数日で数枚減ったので興味のある方もいるのかな?と
今回、投稿しようかと思い立ちました。
 
トレーニング、ストレッチなどをはじめとするような情報が増えています。
今学んでいるような身体の知識が昔から広まっていたらと思う事は多々ありますが、
私は『呼吸』に関しての知識に対して、それを一番強く感じたと思います。
 
 

呼吸が身体に与える影響

〇〇ブレス、ヨガと呼吸法で痩せるとダイエットを主流にした形で主に
呼吸の重要性が広まっていますが、動作・姿勢、そこから派生して身体全体に影響があります。
 
色々と呼吸について知る度に小学生から続いていた鼻炎が憎くなりました。
確かに小学生?中学生の頃、耳鼻科にかかった際に、「集中力が・・・」
と言われたのを薄っすら覚えていますが、その時は何も違和感は感じずでした。
勉強の成績はそこそこなはずなので、私自身への影響は姿勢・運動面でしょう。
呼吸が荒く長距離は遅く、姿勢も悪く、体育は嫌いでした。
 
「なぜ姿勢が出てくるの?」となると思いますが、
呼吸に使われる筋肉の代表『横隔膜』が関係します。
この横隔膜は、

●胸骨の剣状突起
●肋骨の内側部
●下部胸椎~腰椎にかけての背骨
 
と付着しています。
 

 
この付着部位の背骨の安定性に影響するからです。
また、この付着部は股関節を屈曲させる大腰筋の付着部でもあり、
股関節の動き・安定性にも影響してきます。
横隔膜だけでも背骨・股関節と影響があるといえますよね。
 

 
 

当店での介入方法

 
 ※現状、学んだ手法で徒手介入・セルフケアのお伝えをしています。
今の手持ちの手法だけでも注目する部位を変えることで、より高い変化を起こせそうな
要素を知ったので、現段階での手法を確立させている過程です。
・・・終わりはないのでしょうね。
 
主には胸郭・腹部の前後左右の拡張、肋骨の動きといったところから
施術の要・不要など判断して、必要な部位に施術するといった感じです。
上記した横隔膜だけでなく、副呼吸筋と呼ばれる筋が優位に働く場合は働きを抑えたり
と状態に応じた施術をしています。
 
私が用いる評価法の考え方では『横隔膜は過緊張はあるが、働きは抑制されない』。
緊張してしまうと呼吸の度に横隔膜に動きが起きず、他で代償させて空気を取り込む
必要があります。
また、周囲の臓器の構成から左右の働き・構造に差が出るといったコンセプトもあります。
単純に呼吸法を導入だけでは機能的な見直しは難しいのか?も構造的な観点から
気になるところです。
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加