初めての方へ

はじめまして。整体&リラクゼーションみのみ・・・
2019.3に名称変更して『minomi Manual Technique & Exercise』です。
 
『動作観察』『部位検査』『脳・神経的観点』
から現状評価して、対処が必要な要因を把握した上で
あなたに合わせた身体の見直しをご提案していきます。
 
痛み・歪みと目先の問題だけに囚われず、
より過ごし易い身体をつくっていきませんか?
 

初めての方へ

 

提供している技術について

 

 
元々は所属団体の技術をご提供していました。
 
現在は過去の団体技術は用いず、
・アメリカで活躍後、帰国され東京で開業されているカイロドクター
・機能神経学を用いてアメリカで20年活躍されていたカイロドクター
 
から学んだ知見・技術を基に、周囲の文献から知識を仕入れて、
評価や施術、セルフケアの提案に反映させています。
 
現在は参加している勉強会の内容を組み合わせて
『動きの変化』『痛みの抑制』を目的とし提供しています。
 
 

施術の概要

 
 

 『↑↑クリックで拡大します』
 
『原因はこれ!』と表記を見掛けますが、身体は簡単ではありません。
問題を探って要因を絞り込み、局所の変化を促す施術を行います。
結果として、全身動作の修正、感覚変化に繋げていきます
 
ギックリ腰が起きるのは突然ですが、起きた理由はあなたの中にあります。
 
次に問題を起こさせないために感覚変化を促し、動作修正を行う。
動きの変化を日常から促すためのセルフケア・エクササイズを続ける。
そんなケアを提案しています。
 
 

施術ごとの間隔や頻度について

 
セルフケアの頻度だけでなく日常生活も関連してきます。
 

●デスクワークで座りっぱなしが続いて、運動機会も少ない
●運動強度が高い・運動負荷が高いトレーニング・スポーツをしている
●初回から1,2か月の間(変化に対応するまで)

 
に関しては施術を行う間隔は短い方が良いと考えます。
 

●不動や過負荷によって組織の性状が悪い方へ傾く前に動きやすい状態をつくる
●関節や筋肉がここまで動けるといった認識を維持する

 
を定期的に行うことで、動きと認識のズレを減らす、動きやすい状態の維持
に繋げていく事を目的としています。
 
動いていても強度が高い場合は組織への局所的な負荷がかかるので
炎症から組織の変性に繋がるのを防ぐといった定期的なケアが必要です。
負荷のかかる部位や制限される動きを特定するといった評価が重要となります。