Blog Post

横座りが片方でしか出来ない

横座りが片方でしか出来ない

良くないと言われてもしてしまう。
そんなひとつ、『横座り』
 

 
何に対しても『歪みが問題…』が言われ、
これも、『骨盤の歪みが…』と言われた方
が多いかと思いますが、大概は関係ありません!
 

● 股関節の可動域の制限がある
● 体幹の側屈制限がある
● 股関節周辺の筋肉の相互関係が崩れている

 
が主な要因として考えられます。
 
★2020.11.10
part1〜3まで書きましたが、
目次機能を付けたので、まとめました。
 
 

横座りが片方でしか出来ない

股関節の動きに制限がある場合

 
横座りする時に大きく動く関節は股関節・膝関節・(足関節)です。
いずれかの関節可動域が狭いのが座りにくい要因ではないでしょうか?
 
骨盤は股関節の動きに使われる筋肉に
連動して動いているだけで
骨盤自体が主体的に動く訳ではありません。
上記の関節の動きに加えて腰部・大腿の筋肉の動きに伴い
横から見た傾き、捩じれた様に見えると
見た目が影響が出る事はありますが、
骨盤の歪み?を理由に挙げるのは些か疑問です。
 
(当店では骨盤は構造的には歪まない事を前提に施術しています。)
 
タイトルの『片方でしか』に注目すると、
足を左右に振る関節が影響しているといえます。
となると膝、足首の影響よりも股関節の動きの
関与が大きいのでは?と考えています。
 
 

股関節のどの動きがおかしいのか?

 
左右に振る動きと書きましたが、
この場合は外転・内転ではありません。
股関節を内外に回転させる外旋・内旋の
動きが対象となります。
 

正座をした状態から足をズラすと股関節が回転し、横座りになります。
足が出る側が内旋(内回し)、反対側が外旋(外回し)になります。
これらの動きのやり易さで横座りの座りやすい側が決まります。
 

一方でしか出来ない場合、
 

〇股関節の可動域の制限がある
 ●詰まってカチッと止まる感じがある場合
 
〇股関節を動かす筋肉の相互関係が崩れている
 ●座り難い側で違和感を感じる場合
 
〇他部位に原因があり、股関節に制限がある場合 

が考えられます。
 
これらを検査で調べて、可動域を広げる・相互関係を見直すことで
股関節の動きの見直しに繋がり、座り難い側も徐々に座れるように
なっていきます。
 
 

座り難い側で横座りをすれば出来るようになるか?

 

●股関節の可動域に制限があれば(簡単には)出来ません。
 ➡制限を取らないと難しいです。
 
●筋肉の相互関係は、反対側で座り続けても変えられません。
 ➡一方だけで座るための使い方になっています。
 
●股関節以外に修正が必要な場合があります。
 ➡上半身が倒れるなど股関節以外の問題

 
と特に3つ目の理由でオススメはしていません。
 
片側だけで出来れば良い座り方ですし、両側で出来る必要がないと
仰る方がいらっしゃると思います。
 
 

横座りをして上半身が安定しない場合

 

側屈で問題を感じませんか?

側屈は、身体を横に曲げる動きです。
これを立位で行ったときに
 

●左右で『やりやすい・やりにくい』はありますか?
●どこで詰まる感じ・引っ張られる感じがありますか?
●痛みを伴いますか?

 
横座りと関連付けると
 

 

1)足を横座りの状態で座ります
2)骨盤帯が下写真手前に傾きます
3)写真奥へ上体を起こします

 
といった流れ。3)が側屈にあたります
 

 
写真で足の状態を見ると・・・
 

●手前 ・・・ 大腿(太もも)は内転(内側へ)、股関節は外旋(外回り)します。
●奥  ・・・ 大腿(太もも)は外転(外側へ)、股関節は内旋(内回り)します。
    ⇓⇓
手前・奥で反対の動きをしているのがわかります。

 
奥は腹周りの筋肉が収縮、手前は伸張しています。
上半身が倒れるとしたら伸張側の手前です。
 
股関節の内外旋が影響しますと前述しましたが、
股関節の調整で両側で座れる手ごたえは感じられた場合、
手前の体幹・殿部側面の筋肉が伸張しづらい場合、
上半身を起こしたくても筋肉が伸張せずに
手前に倒れてしまいます。
 
下肢からの引張もあるので、立位で側屈した時の動きの問題を把握し、
前述した様子を観察して、そこから細かく検査をして問題を探ります。
 
【腹部・殿部の側面で起こりがちな問題】
伸びるべき時に縮もうと力が入って伸びない感じで
倒れないように抵抗をしないと座れないようであれば、
身体の側面が問題を抱えている可能性があります。
 
身体側面を股関節外旋に合わせて伸長されるように調整すると
倒れずに横座りがしやすくなる方もいらっしゃいます。
※運動制御の問題がある場合は単純なほぐしでは変わりません。
 
 

動作を考えると・・・

 
よく言われる話ですが、関節の動きが十分あっても、
その動作が出来るかはまた別の話。
 
1+1=2 ですが、
股関節の可動域 + 側屈動作するための可動域 = 横座りが出来る
 なのか?という話です。
 
身体は各々の部位で可動域が十分であれば
所望の動作が出来る・・・のでしょうか?
身体運動は、関節の動きだけで決まる訳ではありません。
  ↓↓
関節の可動域は十分で痛みもない場合、
『股関節の内外旋と上半身の側屈が同時に行うこと』
これが出来ないから、横座りが出来ないともいえます。
  

動作にかかわる各関節が正常な動きや可動域を有している場合、
これら全ての関節がかかわる動作も正常であるという仮説を
立ててしまうのである。
        ~Gray Cook “MOVEMENT” p5より抜粋~

 
動作を行うためには、各関節が正常な動きをすることは大切ですが、
単純に関節の動きがあるから、望む動作が行える訳ではありません。
 
動きの協調、安定性、姿勢制御・・・といった運動制御の観点でも
みる必要があります。
 
やってみて出来ない➡可動域に問題はない➡なぜ??
といった場合は身体の動かし方に原因がある場合があります。
 
最終的に所望している動きが『出来る』ことを本人が感じられる、
出来る手ごたえがあることが大切です。
 
脳からの命令の伝わりに問題があり、横座りするための筋肉が
上手く協調して働いていないとしたら、どこに問題があるのか?
を探って、横座りが出来るように動き・筋肉の働きを協調させる
必要があります。
 
 

当店で運動制御の観点で行う事

 
運動制御をととのえていくアプローチのひとつを使用しています。
受けられた方は最初は要らなかった力が普通に入るようになり驚かれます。
筋出力を見直す手法を用いて、筋出力の優位-抑制の関係をととのえていきます。
 
筋肉の働き方をととのえていくには、手技だけでなく運動刺激を
継続的に与えて使い方を変えていく必要があります。
 
身体の使われ方、命令の伝わり方をととのえた上で
自分の動きをコントロールできるようになることが重要です。
 
 

まとめ:身体の使い方の偏りを減らす

 
座り方は一例ですが、関節の動きが一方だけに偏っている
事を減らす事は局所的な負担を減らす事に繋がるので、
自身の座り方をキッカケに身体の動きを見直しませんか?
 
今まで片側だけで座ってきた結果・・・といえば簡単ですが、
他の偏った動きの積み重ねがあれば、それも含まれます。
一回の施術で解消する要素ではなくセルフケアの継続も必要ですし、
数回は1週間毎での施術で動ける感覚をつくる事も必要です。
 
自分の身体を知りながら、より過ごし易くするため
 

●動きの偏り・制限があるか?を調べる
●動きが狭くなった関節を動かせるようにする
●動かす習慣をつくって、偏りを減らしていく

 
といった流れでアプローチしていく事が大切です。
 

Related Posts