考察

問題の元を辿ると・・・原因は昔のケガということも

『○○が原因です』と断言しているHP、SNS広告をよく見ます。
○○でなかった場合はどう伝えているのだろう?と要らない
心配をしています。
 
実際に来店されている方も色々と話を伺うと、通勤時間の過ごし方、
歯の治療中、仕事の環境・・・と問題に繋がる様々な要因があります。
 ↑↑
これらは当店ではアプローチ出来ませんが、身体には影響します。
 
仕事の環境は共有PCを使う時に机のサイズが身体に合っていない
とか、その方自身でもどうしようもない場合もあります。
気を付けるポイントはお伝えできても日々の生活から外せないもの
もあります。
 
 

昔したケガは動きに影響を及ぼしていませんか?

 
アキレス腱損傷などのケガの回復を何でみるか?といえば、
医師の判断でスポーツ復帰などされます。間違いではありません。
 
ただ、勉強会の投稿にも書いたことですが、違和感が残っている場合
には関節の動き、組織の制限、運動制御と当人でさえ気付けないような
問題が残っていることがあります。

これが他部位に動きのエラーを作り出し、問題を起こす事もあります。
捻挫は特に甘く見られがちですが、問題のキッカケになっている方は
ちょこちょこいらっしゃいます。
捻挫を放置すると、足首の位置覚(角度などの認識)が変化します。
本来の関節の位置、筋肉の働き方を再認識させてあげないと変化した
位置を基に足部・膝・股関節と使い方が変わってしまう事もあります。
 
 

私がアキレス腱断裂の療養中に変化を感じたこと

 
アキレス腱断裂後に保存療法でくっついて8年になりますが、
固定時に左右カカトの高さが最高10cm上がった時からの問題か?
股関節に違和感を感じていた時期があります。
 
女性ならば、もう1方にヒールを履くなど差を小さくする方法がありますが
(ただ転倒のリスクはあるのでヒールが細いのはアウトだと思いますが。。)
男性でカカトが高い靴って無いので、股関節の動きが変わってしまったのを
どうしようか?と思った時期がありました。
※今なら対応しますが、その頃は知識・技術共に対応できませんでした。
 
当然のように他部位の使われ方・認識も変わってしまったので、そのクセが
抜けない内からバスケ復帰をして・・・前十字靭帯損傷をしてしまいました。
筋肉不足だからもあるかもしれませんが、動きが変わっていたのを気付けず
にケガをしてしまったのは完全な自分の落ち度です。
 
この辺りは勉強しておけばと後悔した時期があるので、出力を検査する手法を
活用して問題が起こりにくい身体動作を行えるような施術を提供しています。
 
 

私がアキレス腱断裂の療養中に変化を感じたこと

 
その時、その時で自分ではベストな判断をしていると思っています。
私もそうでしたが、結果として楽しむ方を選んだ結果で受傷しています。
 
アスリート・中高での部活動とスポーツ復帰を焦る訳ではなかったのですが、
それでも早くと気ばかり焦った結果が受傷でその後にも動きのエラーが多い
ので、もう少し考えていたらと思う事もあります。(今更ですが)
 
日常生活においても少しでも違和感が少ない状態で生活するためにも
認識・感覚を正していく事は重要です。ケガだけでなく日常動作の積み重ね
でも身体の使い方は変わっていきます。
局所的に鍛えても、動きの差が大きくても問題が起こります。
 
現在の自分はどんな状態なのか?をまず把握して定期的にチェックする事が
何より重要だと自分の体からも感じています。
 
日常的に身体のチェックする習慣は持ってますか??
無いならば指標・基準は必要だと思いませんか??
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加
 

年の瀬に身体の棚卸・大掃除

昨日・今日と2日かけて2Fの大掃除をしていて
ふと思ったことがあります。
 
商売をしていると棚卸をします。
※ウチは販売はないのでありませんが
現状の在庫を把握することで保有資産を見ますよね。
 
また、この時期に大掃除をされる家は多いと思います。
物が見付かったり、物が多いことが分かったり、生活の見直しの
キッカケとなる事もあると思います。
 
身体の棚卸というと健康診断が一般的なイメージだと思いますし、
大掃除というとデトックスといった感じでしょうか?
 
当店の考えとしては以下となります。
 

・棚卸 ⇒ 身体の現状を把握する事
・大掃除 ⇒ 身体の問題を取り除く事

 
詳しくは下記に示していきます。
 
 

身体の棚卸

 
では、身体の現状って把握していますか??
トレーニングに通われている方はウエイトの重量や
心拍数など身体の強さの管理をされている方もいると思います。

一方で、運動不足・○○が痛いけど我慢してる・仕事が忙しい
といった場合、身体の強さを知る機会もないと思います。
 
ここで棚卸すべきなのは強さではなく、『抱えている問題』です。
所謂、歪みや痛みではなく、動きにくさや出力のバランスといった
パッと見では判断がしづらく検査から判断していくものです。
 
動きに問題は無いと思っていても、他の部位で動きを代償していたり
命令伝達の問題で動きのエラーが起きていたりと日常的には問題なく
動いているから問題が無い訳ではありません。
これを認識することが棚卸だと思っています。
 
調べていくと得意な動きや、動かしやすい関節なども判ります。
これが動かしにくさを作っている場合もあるので必ずしも得意な事
全てが良いことに繋がる訳ではありません。
 
 

身体の大掃除

 
宿便を出す?、発汗する?、痩せる?と排出するといった感じの
デトックス的なイメージを持たれる方が多いでしょうか?
身体の問題を取り除くことも、身体の大掃除ではないでしょうか?
 
問題で発想するのが『痛み』しかない方が大半だと思います。
勿論、痛みを取り除くことは重要なことですが、痛みを取り除くことだけに
躍起になっていませんか? 逆に痛みが取れたら「なおった!」と判断し
普段の生活をしても良いと判断する方は多いと思います。
 
痛みを起こしているのは、どの部位のどの組織かを調べたうえで
取り除く必要がありませんか?という事です。
痛みだけならば、痛みを感じる部位の感覚が変わる事で一時的に取り除かれる
こともあるでしょう。でも、引き起こしている原因は取り除かれていないので
痛みは当たり前のようにぶり返します。
 
 
整理整頓といいますが、
 

・整理は不要なものを捨てる事
・整頓は整える事

 
不要なものを捨てなければ、次のステップもありませんよね。
 
 
美容・矯正が悪いこととは思いませんが、先行するべき内容が違うかな?と
思われる場合もあります。
 
家を建てる時に例えれば、土台作りが出来ていないのに家を建てようとする
ようなイメージでしょうか?
土台が歪んでいる・弱い場合、土台を形成してから家を建てますよね?
 
家も身体も一緒で、土台がある事が前提となります。土台を崩している問題を
取り除く事が大掃除と捉えています。それが組織の制限による関節の動きの
減少だったり、運動制御が上手く出来ていないといった神経の伝達の問題で
あったりと人それぞれで問題は異なります。それらを取り除く事が大掃除と
考えています。
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加
 

現状を知るという事

私的な話から思ったこと。
 
私は38歳ですが、おでこが広くなってきたなと
前々から思っていました。
母方の祖父が20代から薄かったそうなので、
まぁ、少し遅れてきたかなー、仕方ないなー、と
 
私を知っている方から見ると意外かもしれませんが、
20代の頃は茶色に染めてみたり、フロントだけストレートパーマ
をあててみたりと頑張った?時期もありますが、
Wで髪に負担を掛けていた辺りが薄くなっている。。
あっ、自己責任か。。と振り返って気付きました。
 

 
先月、突然ですが頭を丸刈りにして自分の髪の少ない部分を見たこと
で判ったのは、意外とM型に侵攻されていたんだなと。
これは髪を切らなければ気付けなかった事でもあります。
 
 

振り返って気付けること

 
昨日の投稿にもいえますが、振り返って初めて気付けることがあります。
問題が起きた時、『痛い』『しびれる』『動かせない』ばかりが
気になってしまうので仕方ありません。

落ち着いた後に『なぜ』に目を向けないと、同じことを繰り返します。
症状を抑えることでも自分の対処だけで足りない事もあります。
そこで他者の力が必要なことがあると考えています。
 
ただ、あなたの行動はあなたにしか分かりません。
私も現状の身体を検査して評価はできても、
『こういった事はありますか?』と経験から質問は出来ても
振り返って『何をした』のかはあなたにしか分かりません。
 
大半の方は、ある程度まで耐えて耐えられないと思ってから来店されます。
なので、最初に何があったか?まで覚えておらず、現状しか話されない事が
よくあります。
 
昔のケガを庇っていたクセが残っている場合もありますし、
キッカケと考えられる要因は思っていない所にある事が多いです。
 
まずは自分の痛みの経緯を振り返ってみましょう。
 
 

検査・施術してみないと分からない事

 
私が丸刈りにして侵攻具合が判ったように、
これは検査・施術を受けてみないと分らない事も当然あります。
 
肩だと思って、肩をほぐしてもらったら腰が痛くなったというのも
一番強かった肩の痛みが和らげば、二番目に痛かった部位の痛みを感じた
結果です。痛みを感じる部位だけ何とかなれば!という気持ちは分りますが、
今まで痛かった部位は他に無かったか?は痛みを感じた時に振り返っていたら
自分が過去に感じていた痛みだと気付けると思います。
 
検査・施術を受けてみたら、肩が痛いのに原因が腰だったという事もあります。
痛みの部位と原因の部位は異なる事が多々あります。ほぐしていたら痛みが
消えたという話もありますが、「なぜ」を調べていく事も大切です。
 

 
これは自分では判断出来ない事が多いと思います。
相談するのが早道な事も多々あります。無料ではないので躊躇されるとは思いますが、
放っておいたら悪くなる・何かしらの問題が残る事はあっても、良くなる事はありません。
まずは現状を把握することが解決への一番の近道だと考えています。
 
 

編集後記

 
と自身の経験から『振り返る事』『やってみる事』で分かる事をまとめてみました。
抜けてしまった髪の毛は戻りませんが、現状を知ったことで気が楽になったのが正直
なところです。セットしても何か整わない、汗をかくとつぶれる、薄く見える・・・と
不満ばかり抱えていました。
 
遺伝のせいにしていましたが、自身の行動が原因の可能性もありますし、
答えは自分の周りにしか無いと感じました。
 
頭を丸刈りにして、あぁここまで侵攻してたらしょうがないよな…と諦めもあり、
割り切れた部分が強いからこそ、現状を知る事は大切だといえます。
 
相変わらずまとまりのない文章ですが〆ます。
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加