噛み合せ

噛み合せpt4 影響するのは顎周りだけではありません

昨年、改めて噛み合せの大切さを学び、頭部の筋肉・骨についても徐々に深めています。
以前の投稿で噛み合せの悪癖が、顔を後ろに引き込むような影響を与える。
といった投稿をしました。
噛み合せの与える影響は頭の回旋だけでなく全身に及びます。連鎖的に補正を繰り返した結果としてですが。
 
 

噛み合わせから引き起こされる全身の回旋

 
 
連鎖的に補正されての偏位については
かなり省略して大きなユニットの回旋だけ図示し、
首までの補正についてザックリ記述しますが・・・
 
%e5%99%9b%e3%81%bf%e5%90%88%e3%81%9b%e3%80%80%e5%85%a8%e8%ba%ab
 

例えば、右側が後ろに引き込まれると仮定した時、
顔は右を向いてしまいます。
 ↓↓
首より下に回旋の偏位が無いと仮定すると、
頭だけが右を向いた状態となります。
 ↓↓
目線は正面に向けたいので、
首が左側に頭部を回旋させることで補正がかかります。
 ↓↓
大きなユニットだけで考えても・・・
脊柱(頚椎・胸椎・腰椎)・胸郭・骨盤帯・足部と補正の連鎖が続いて、
身体はバランスを取るために教科書的な身体から離れていきます。

 
スタートがどこであれ、身体は良くも悪くも全身に及ぶ連鎖的な補正を行っています。
  
無意識に行う動作の悪癖は気付きにくく、意識したからといって改善されません。
食事で左右で噛むように気を付けても、身体自体のクセは変わりません。
そこは評価をしたうえで変化を促す必要もあります。
 
 

噛み合わせで気になりそうなチェックポイントは??

 

● 首を左右に回して、向きやすい・向きにくい方向がある
● 右が噛み易い、左が噛みにくいと噛み易さに左右差がある
● 口角が左右片側が上がっている

 
分かり易いポイントは以上の3点でしょうか。
と挙げると『見た目の左右差』を気にされる方が多いかと思います。
  
『小顔矯正の根拠なし』と聞かれるようになりましたが、
やはり見た目をよくしたいといった要望は多いです。
それでも、提供される方々はいらっしゃいますし、否定すれば炎上と
いったケースも見受けられるようです。
 
『左右両方で噛めるようにしたい』といった機能的な要望はありません。
検査をして追加でヒアリングをすると、「あ~そういえば」となる方が
多いです。当たり前に行っていること程、頭から離れてしまい動作の偏りに
気付けない事が多いです。忘れられがちなのは、眼、咬合が多いです。
 
技術提供をしながら機能面についてお伝えした方は「ここが気になる」と
要望を伝えてくださるようになるので、細かく気にされる方が増えているのは
私自身の注意力も上がるのもあり非常に有り難いです。
 
自分で気をつけられる事は意識する、どうしようもない事は人の手を
借りて意識したら修正できるように・無意識で使えるようにする
といった切り分けは自分の意志で出来る訳ではありません。
まずは自分の現状を客観的な他人の視点で把握する事が改善の近道です。
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加
 

徒手療法で提供したいのは、身体を動かす感覚を取り戻すことです

当店では『もみほぐし』『マッサージ』はしていません

 
肩こり・腰痛・膝痛・・・書いていた時期があります。
終了した後に「スッキリした」「楽になった」と言われます。
ですが、ほぐして楽にした、スッキリしたのではありません。
身体の変化を促す刺激を与えた反応によって、身体が応答した結果です。
 
当店では『もみほぐし』『マッサージ』はしていません。

ただ気になる部位周辺をほぐすだけでは一時的に落ち着きますが、
強圧はより組織を固くし、強い圧を求めての悪循環へと繋げてしまうので、
身体の状態をより良い方向に向けるためにしていません。
どこかでも書きましたが、要望される方には他店をお勧めしています。
 
 

当店で提供したい主な内容は

 
1)体内の組織間の滑走を促すこと
2)固まって動きにくくなった組織に動きをつけること
3)間違った動き・位置を修正するように中枢へ促すこと
 
を筋膜として訳されているので定義が曖昧ですが、Fascia(皮膚と筋肉の間)へのアプローチを中心に行っています。
 
img_1948
 
ただアプローチするだけでなく、痛みを起こす動作から問題の原因と思われる部位の関節の動きを評価をしたうえで、
各部位に命令が出された時に頑張り過ぎている筋肉、その働きでサボっている筋肉を
特定し、各々の筋肉が正常に働けるように周辺から整えていきます。
また再教育をするために、各々の組織に本来の働きを覚え込ませる
ことも必要です。こちらも提供するための内容を増やしています。
 
img_1991
 
日常的な身体のクセで認識された位置・筋肉の働きを徐々に
本来の状態へ戻すように悪癖を取るためのご提案もしています。
 
と書いていると当たり前だと思われる方も多いでしょう。
Facebookのタイムラインを見ているとFacebook広告で驚くような効能・効果を
うたう技術セミナーの広告が多く見られます。
私は徒手療法の効能を誇張してまで集客をするつもりはありません。
実際に何かの変化があるので教えていると思いますが、
私は地道に出来ると検証されていること、当たり前だと思われるような事を
学んだ技術・メカニズムから着実に提供していきます。
 
(これから徐々に)運動療法も取り入れて、より日常を快適に過ごしていただけるような
カラダ環境を整えていただけるように尽力したいと思っています。
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加
 

噛み合せpt3 正しい噛み合せ

噛み合せが身体のねじれ、顔のバランスと影響があるのを
pt1,2で書きました。
 
では、正しい噛み合せはどんなでしょうか?
以下の3点が前提となります。

正しい噛み合せとは??

 

1)下顎骨が正しい位置にある事

2)歯の形が正しい

3)上下の歯の位置が正しいこと

 
ここで1)が、当店の徒手療法で関与できるところです。

2),3)は口腔内のことなので歯科医の先生にご相談が必要な部分です。
1)が整っている前提です。身体に強い傾き、強いねじれがあれば、
適正な調整をしたつもりが・・・なんてことになりかねません。
 
顎が上下で正しい位置になければ、歯の位置が正しくても
歯の形が正しくても噛む時に正しく力がかかりません。
 
 

徒手療法で関与する内容

 
1】身体の重心を見直す
2】頭部の位置覚を見直す
 
といった関与をしていきます。
 
 
1】について
両足均等に体重がかけられますか?
おそらくどちらかに偏りがあると思います。
頭部・肩甲帯・胸郭・骨盤帯・足部と捩じったり傾いたりと
運動連鎖を起こしながらバランスを取ります。
その中で顎の傾きも起こってきます。
先日、投稿した片足立ちをした場合に両足とも同じようにバランスよく立てる方は少数だと思います。
身体の動きの見直しを中心とした内容で、修正・見直しをしていきます。
 
 
2】について
pt2で書いた側頭筋によって噛み易い側の頭部が後ろに回るように引き込まれます。
(手で頬を後ろに引っ張るようなイメージでしょうか)
側頭筋をはじめとする咬合に関する筋の検査・評価を行い、見直しが必要な部位に対してアプローチしていきます。
 
 
8月に咬合・眼球運動のセミナー受講しました。
以前から使用している技術よりもお客様から好評いただいています。
歯科医とDC(アメリカ公認カイロプラクター)と2名からの講義は
強い刺激がありました。
2月に咬合の検査についてはNKT Lv2で受講できるとのこと
更に高めてきます。
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加
 

噛み合せpt2 顔のネジれを作る筋肉

前回は、左右で同じように噛むことが大切だとお伝えしました。
 
下アゴ周りで噛み合せ・咬合に関する筋肉は136あり、
下顎が固定されているのは耳のあたりでここを中心に口が開きます。
 ※関節の位置は移動するので正確に円を描くようには開きません。
左右差があることで、左右の関節が動くタイミングが異なり、
前外側にズレるタイミングに左右差が起こります。

噛み砕くために側頭部を覆って上下のアゴを結ぶ「側頭筋」が使われます。
 
余談ですが
日本人は噛み切るよりも奥歯ですりつぶすのが得意だそうで、
奥歯ですりつぶすことで口の中で味わえるそうです。

Schoolboy Facing Model of Human Mouth --- Image by © Randy Faris/Corbis
Schoolboy Facing Model of Human Mouth — Image by © Randy Faris/Corbis

 
常に噛む側で側頭筋がガンバリ過ぎてしまい、顔を後ろに引っ張るようになります。
引っ張りは頭部の形まで影響することがあります。骨が歪んで・・・という話ではありません。
上から頭を見た時に片側だけ大きい、頬の肉付きに左右差が・・・と感じるのはネジれによるものです。
 
回旋なので、頭の片方が大きくなるだけではなく頭全体がネジれます。
が、正面を向くために対側へ回旋しようと首の筋肉縮みます。
常に首をネジる力かけながら正面を向く姿勢をとっている訳です。
 
この首をネジる力は胸郭・肩甲骨と伝わり全身へ及んでいくのです。
 
「首の骨の歪みが・・・」と言われますが、歪みが問題なのか?日常習慣が問題なのか?
根本解決といわれますが、何が根本なのか?
改めて考えるキッカケになる学びです。技術もまだまだ研ぎ続けます。
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加
 

噛み合わせpt1 左右どちらが噛み易いですか?

整体で噛み合わせ?と思われる方が多いと思います。
私も学ぶまでは背骨・骨盤のバランスで顔のバランスが
変わるのに伴って顎のバランスが変わる程度の考えでした。
 
 

左右で噛み易さに差がありますよね?

 
どちらかが噛み易いというのは、噛む筋肉に使われ方の左右差があり
左右のバランスが崩れているということです。
筋肉は、縮むことで起始・停止の距離を近づけることが役割です。
噛むことで下顎と上顎の距離を縮めています。
 
耳の前に触れて、口の開閉をしてみると・・・
顎関節(アゴが動く蝶番のような関節)の動きを感じられます。
左右で動くタイミング、大きさが違うことが分かります。
口が開きにくい・開かないのが一番の問題です。
 
閉じた時に左右どちらで噛み易いか?・力が入りやすいか?
が一番自分の体感として分かり易いと思います。
普段、食事で左右どちらでしか噛まないならば、
噛む側が強い、噛み易いはずです。
食事で弱い方、噛みにくい方を使ってみたら、
食べにくいのが分かるかと思います。
 
 

口の開閉動作は咀嚼以外にも関係します

 
口の開閉動作は主に食事、会話で行っています。
力が入る動作としては食事の噛み切る、噛み砕くのが主です。
これに左右差があったらアゴの力のバランスだけでなく
直接的に見える範囲の繋がりだけでも顔、頭部、首に影響します。
※また表面に見えない体内の話もありますが、
 こちらは細かくなるので今回は割愛します。
そこからの派生で回旋させる影響は胸郭・骨盤帯と全身にまで及びます。
日常的に行う動作なので悪癖の積み重ねの影響は大きくなります。
 

 
噛みグセは誰もがあるものです。まずは少しずつで構いません。
左右どちらか噛み易い方で噛むクセがあるなら
対側でも噛むように心掛けましょう。
 
人間の身体は骨格・内臓といった構造的な要因、
左脳・右脳といった命令系統といった機能的な要因からも非対称なので、
左右対称な教科書のようなパーフェクトボディは手に入りませんが、
負担の少ない身体へは少しずつですが変えられると考えて
学び、技術を提供しています。
※当然、補強・修正の運動は必要ですが・・・
 
 

当店での提供内容

 
当店で提供している『噛み合せ』に関する手法は、噛む時に使われる左右の筋肉が
偏りなく出力が出るようにする機能に対しての内容となっています。
 
どんな動作にも当てはまりますが、使われる筋肉は無意識で決められます。
自分の意志で使う筋肉を決めている方はいませんよね。
優位に働く筋肉に命令が伝わりやすくなっているのを、伝わりにくくすることで
働きを抑え、働きが抑制されている筋肉が働き易くしてバランスをとるイメージです。
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加