セミナー受講 前庭リハビリテーション

Home / 未分類 / セミナー受講 前庭リハビリテーション


 
視覚、前庭覚、体性感覚が各々作用し
姿勢調整されます。

開眼なら視覚、閉眼なら前庭覚が優位に働きます。
が正常に作用するため、頚部、脊柱の動きに伴って
反射的にバランスをとるのも前庭です。
 
めまい、ふらつきといった前庭系の衰えからも
起こる症状を何とかしたいと思っている方は
多いのではないでしょうか?
とはいえ、スポーツ障害の時も書きましたが、
重篤な症状の方は当然のように病院の受診が
必要です。頻繁にある方はされていると思います。
 ※セミナー中にもお話はありました。
 
基本的には病院を受診いただいて診断を受ける事
が大切です。
 
 

受講したのは・・・

 
何が原因でめまいが起こるのか?を知らなければ、
対応もできません。逆に対応できる・できないの
判断もせずに提供する技術は怖いです。
 
昔、アジャストをすると立てなくなる人がいると
聞いて・・・最初に判断する術はないのか?と思った
ことがあります。今更ながら、その術を手に入れた
感じです。
 
 
前庭系は姿勢・動作にも影響します。
その学びの一環として、前庭機能の低下が起きた時に
何を伝えたら良いのか?を知っておく必要がある。 
 
姿勢を正すといっても、矯正をしたからよくなる訳では
ありません。他機能も考える必要がありますが、他機能まで
対応しているところは整体では無いと思います。
 
少しでも検査する視点を増やして、より良い身体になって
いただけるよう行きたいと思ったところへ学びに行きます。
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加