Blog Post

セミナー受講 Fascia≠筋膜と感覚統合

セミナー受講 Fascia≠筋膜と感覚統合

2021/1/11受講
 
今回はIASTMのひとつであるSMARTの卒後教育
を認定者ではありませんが受講してきました。
 

 
私は特にグラストン、SMART・・・といった
認定セミナーを受講せずにAMAZONの格安品を
用いています。
流行りのタイミングでは国家資格取得者しか
受講出来ずに、興味はあれど受講出来ずでした。
周りが取得する中『何のための刺激が必要なのか?』
を学ぶことで『認定ツールに拘りが無くなった』
というのが格安ツールで済ませている理由です。
 
後は講師が変わり、学びたい方ではなくなった
というのが大きな理由の一つです。
 
 
皮下組織や関節への刺激は徒手でも出来ますし
特にこれが無いと出来ない事はありません。
と書きながらも、ツールを使い分ける事で
都合の良いケースがあり手だけに拘ることなく
金属ツール、振動ツールなども用いています。
 
 

 
午後・翌日に受講した内容にも関わってきますが、
視覚・聴覚といった感覚と合わせたエクササイズを
見掛けるようになりました。
他で受講した内容にも関わるので詳細には書きません。
複数の感覚器へ同時に刺激を加えることは脳の発育にも
関わり大切なことではあるのですが・・・
外的なもの、内的なもの・・・を何をもって繋げるのか?
の理解なしではたまたま上手くいった・いかないに
なってしまいます。
 
感覚統合で可塑性を促すのは簡単じゃないと話もありました。
神経的な評価・施術をした経験からも思うことはあります。
『これをすれば良い』とルーティン・プロトコル化出来る
内容ではないですし、手法よりも評価の方が重要です。
 
 

施術でどんな刺激が必要か?

 
不快な刺激は感覚変化に繋がりにくいといわれます。
不快な刺激が入ることでシャットダウンされる要素が
あるのが理由です。
神経的な要素では不快な刺激を入れないのが必要ですが、
皮下組織の状態変化を促すための刺激は分けて考える。
これはケースによって異なるでしょうし、簡単に
「△△な場合はこれをする」と断言出来ないと考えます。
 
『△△をすれば』と断言するものが増えていますが、
全ての人に適応するものってあるのでしょうか??
普通に考えたらありませんよね。。
 
 

 
Whoを除いた5W1Hは大切で、タイミング・位置・目的・種類・方法
が主訴の改善に繋がるのか?を評価結果に合わせてアプローチする
必要があります。
 
今回は『位置』・『目的』に重きを置いて学びました。
部位によって、刺激を受け取る感覚受容器は異なります。
リピーターの方でも施術の変化に気付かない方も多いですが
実は受容器の分布に合わせて同じ手法でも変えています。
※受講後は更に変化しています。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related Posts