セミナー受講 BBIT Module7

2019.10.6受講
 

 
1月遅れで更新です。
残すところ4回と終盤です。
 
左脳・右脳と大脳については語られますが
小脳・脳幹の機能差って聞かない気がします。
 
でも、運動・姿勢を考える上では非常に重要です。
 
以前アスレチックパフォーマンスでも受講
した内容とは被りますが、小児発達障害の
観点も絡めて座学・実技を学んできました。
 
 

眼球運動を検査する

 
以前から眼球運動の検査は行っています。
例えば、デスクワーク・スマホ利用の多い方
であれば・・・傾向が似通っていたりします。
 
デスクワーク
 
そんな事もあって
視覚と脳の関係性をBBIT受講から以前学んだ
観点も含めてブラッシュアップしています。
 
単純に目の動きだけでなく、首の動きや咬合も
絡めてアプローチする必要もあるので、
目の動きが悪いからこのアプローチという話でも
ありません。
 
他部位?、脳機能低下?、前庭系?と
眼球運動に関連する要素があります。
何が主原因なのか?は調べる必要があります。
 
上述したのは発達障害と絡めての話ではなく、
大人の身体機能と絡めた従来の検査です。
 
 
子供に行う為には更に検査と意味を理解することが必要
正に『遠きに行くは必ず邇きよりす』だと思っています。
物事を行うには、順序を追って一歩一歩進まなければならない。
 
小児発達障害の対応も始めていきますが、
期待値だけを上げるような広告は打ちませんし、
SNS、HPと何らかの形で届いた方が利用下されば
と思っています。
今は施術を始めるための準備を本格的に始めています。
 
 

検査を覚えるだけではありません

 
実技を行っている最中に考えるのは、
実際に使えるようになるために・・・は勿論ですが
自分が出来ない事はどの脳部位が関係して、
自分の何に影響していそうか?ということ。
受講しながら自分を知る機会にもなっています。
 
自分を知る勉強でもある・・・その言葉に納得する
ベーシックコース終盤です。

投稿を作成しました 200

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。