セミナー受講 BBIT module5

セミナー受講 BBIT module5

今回は色々な背景を伺うところから
始まりました。

先生がつけたと思えなかった本の
タイトルがついた由来、
提示される論文の背景、位置付けが
気になっていたところで・・・
良い話を伺えました。

自信を持って提供出来るように、
兎に角、学びを深め、練達して検査
の精度を上げていきます。
基本となる解剖学も復習しないと、
怪しい所が見えてきました。
やる事は盛り沢山…時間足りるのか?

対象を考えて学ぶ

 
BBITの対象は子供です。

大人なら落ち着いて検査を受けてくれますが、
果たしてそれが可能でしょうか?
検査の練達、細かな問題も見落とさない、
瞬間を狙う・・・と言い出せばキリがありません。
 
実際に大人で検査が不十分では子供相手に
検査は出来ないと思う必要がある。
だからこそ迅速に、確実に出来るように
様々な検査の意味を理解しつつも、
現場で悩まずに出来るようになること。
 

投稿日: 2019年8月18日minomi-kyoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA