Blog Post

BBIT療法士の認定試験に合格しました

BBIT療法士の認定試験に合格しました

昨年末に落ちたBBIT認定試験、6月に再受験しました。
 
※BBIT=脳バランスインテグレーション療法
 小児発達障害へのカイロプラクティックを用いた
 神経学的なアプローチです。
 
経験を積み、別Webinar受講を含めて臨んだ結果、
今回は合格する事が出来ました。
 
今回は、ツールを用いた手法や提供するための資料を
ブラッシュアップした事でより全体像を理解した
結果としてまとまった回答が出来たと思います。

BBIT認定試験に合格しました

 
 

知識はブラッシュアップする必要がある

 
テーマが読みたい内容だったら購入している
医学雑誌があります。
明らかに数理モデルだったり、理解の範疇外に及ぶ
号は購入しませんが・・・関係ありそうならば
知識を広げる・ブラッシュアップの為に購入します。
 
最新号で『へテラルキー』について書かれていました。
ヒエラルキーがインド社会の階層から生まれた言葉で
他分野でも階層を表す言葉として用いられます。
 
脳・神経の働きにも階層があり、高次機能-低次機能、
といった階層のような表記・働きがあります。
「釣りバカ日誌」を例に説明されていましたが、
会社では社長-平社員の関係が、釣りになると立場が
逆転してしまう。状況に応じた階層の変化がある関係性
がへテラルキーと。。
※勿論、脳・神経の関係は1:1でなく複雑です。
 
という言葉も知ってるか?知らないか?で
情報の捉え方が変わってきます。
勉強を続けること=情報の更新ともいえます。
 
今の手法の在り方が変わってくるかもしれない。
情報が変わった時に対応できるように常に
情報更新をして備えています。
 
 

他業種との連携は不可欠

 
ある論文がありまして、これを結論だけで読むと
この手法は一定の状況までは有効とも読み取れます。
有効だからと『この手法・俺最高!』で良いでしょうか?
 
各々のお子さんが不得手とする要素は異なります。
その不得手を改善していく事まで対応が出来るのか?
と考えると知識・手法を持つ方と協業するのが
誰にとっても良いのではないか?と思います。
 
その視点があると他業種を理解する必要があります。
その為にOT,STの本を読んだり、Clubhouseで話を
伺ったりと情報を集めています。
 
目的は、お子さんの未来で困りごとが少なくなること
(理想は無くなること)で自分が他業種に対しドヤる
事ではありません。
広告として、「病院で・・・」と見掛けますが、
逆にリファーせざるを得ないケースがあるから
敵対するような表記は要らないと考えます。
 
自分の出来ないことを補っていただけるのは勿論、
どんな手法も万能ではないので他手法の専門家と
探してもいます。
 
 

まとめ

 
上記2つは常に取組めるよう進め、より良い提供に
繋がるように研鑽していきます。
 
他業種の提案するサポート・療育の考え方と根本から
異なる考え方なので??が並ぶ・拒絶されるケースが
多いのでは?と恐れはあります。
 
先ずは相手の考え方を肯定するところから
自分が始めようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related Posts