身体の不具合が突然起こったと思っていませんか?

Home / 動き・動作 / 身体の不具合が突然起こったと思っていませんか?

ストラップ

( ゚д゚) ・・・
(つд⊂)ゴシゴシ
(;゚Д゚) …!?
 
先日のスノーボードをしようとびわ湖バレイに行き、
ボードを固定しようとしたら、つま先側ストラップ消えてました(x_x)
※滑走後に車内で見つかりました。
滑るために登るのであって、破損して滑れない前提で山に登っていません。
滑ろうとストラップを締めようとしたときの反応が上記した顔文字です。
前回終了後にはあったので、車内で何らかの要因で破損したようです。
 

身体の不具合が起こるのは突発的な要因でしょうか?

 
部品が壊れるのに理由があるように身体の不具合にも理由があります。
身体が快調だと感じている間もどこかにストレスはかかっています。
ある日突然「痛い(=壊れた)」と仰る方が多いですが、
実際は事故でも起きない限り、突発的な痛みが起こることはありません。
例えば、ギックリ腰でも様々な要因が積み重なって起こります。
急にグキッとなり急激に痛くなる訳ではありません。

 
多くの方が来店時に訴えられる痛み・不具合は、
日々の生活で負担・間違った動作を積み重ねた結果が、
痛み・不具合として表面化したものです。
 
道具は部品の交換で機能を取り戻す事ができますが、
身体は部位ごとの交換で機能を取り戻す事が出来ません。
不具合が増大する・不具合を庇う動きで全身の動作に不具合を連鎖させないためにも
早めの対応・定期的なチェック・見直しをお勧めしています。
 
 

なりたい姿に辿り着くためには続ける事は必要です

 
【前半は完全に私の趣味の話ですが】
担当紹介のところにスノーボードと書いています。
今は3,4年前のROME AGENTに乗っています。
ボードの機能はどんどん向上し、滑りやすく・遊びやすくなっています。
その分、踏む技術が少なくてもボードに乗れてしまう。
これを良しとするか?といった部分はあります。横から見た形状によって
〇〇がやり易いといったものがありますが、従来の形状で踏む技術がつけば
出来ることをボードの形状に頼る感じが嫌いで私は従来の形状のものに乗っています。
 
身体についても同じで、様々なコンセプト・トレーニングが広まる毎に
動きやすい身体を作るための切り口が増えています。とはいえ、日々の積み重ね
が大切で一朝一夕で筋力がつく、過ごし易くなるということはありません。
『〇〇だけすれば良い』といったコピーに飛びつき易い方は多いですが、
安易に信じないで、様々な事をコツコツ積み上げるのが正解だと思います。
 
『〇〇が△△に効く』といったメディアの情報に各週で扇動されて、促されるまま
週毎で何かを食べ続けるのではなく、日々の積み重ねを大切にしたら良いのに・・・と
改めて思う今日この頃です。
何年も前の話なので、忘れられている方も多いと思いますが、
今では『納豆がない』、『納豆が売り切れ』と聞かないですよね。
それだけ話題性だけに振り回されている方が多いという事でしょうか。。
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加
 2″ />

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。