横座りが片方でしか出来ない pt2

Home / 動き・動作 / 横座りが片方でしか出来ない pt2

良くないと言われてもしてしまう。
そんなひとつ、『横座り』
 

 
何に対しても『歪みが問題…』が言われ、
これも、『骨盤の歪みが…』と言われた方
が多いかと思いますが、大概は関係ありません!
  ⇓⇓
『歪みは何を示すか?』でイメージするのは変形です。
傾き・ねじれであれば変形はありません。
 

●股関節以外に修正が必要な場合があります。
 ➡反対側で座ると上半身が倒れるなど股関節以外の問題

 
が主な要因として挙げられますと、股関節の内外旋を取り上げた
『横座りが片方でしか出来ないpt1』の最後で書きました。
 
では、なぜ上半身が安定しないのでしょうか?
 
 

側屈はできますか??

 
側屈は、身体を横に曲げる動きです。
 

●左右で『やりやすい・やりにくい』はありますか?
 
●どこで詰まる感じ・引っ張られる感じがありますか?
●痛みを伴いますか?

 
書き出すとキリがありませんが、大枠で書いてみました。
この時に突っ張ったり、動きに異常がある場合は
写真手前に突っ張りを感じたり、違和感を感じやすい
といった事があるかもしれません。
 
大まかなに動きを分解していくと、
 

1)足を横座りの状態で座ります
2)骨盤帯が下写真手前に傾きます
3)写真奥へ上体を起こします

 
といった流れ。3)が側屈にあたります
 

 
写真で足の状態を見ると・・・
 

●手前 ・・・ 大腿(太もも)は内転(内側へ)、股関節は外旋(外回り)します。
●奥  ・・・ 大腿(太もも)は外転(外側へ)、股関節は内旋(内回り)します。
    ⇓⇓
手前・奥で反対の動きをしているのがわかります。

 
奥は筋が収縮しているので倒れません。倒れるとしたら伸張している手前です。
 
前回の投稿で股関節の内外旋が影響しますと書きましたが、
ここの修正で両側で座れる手ごたえは感じられますが、
手前の体幹・殿部側面の筋肉が伸びにくかったらどうでしょうか?
上半身を起こしたくても筋肉が伸張せず倒れる方向に力がかかります。
 
下肢からの引張もあるので、立位で側屈した時の動きの問題を把握し、
前述した様子を観察して、そこから細かく検査をして問題を探ります。
 
腹部・殿部の側面で運動制御の問題が多いです。
伸びないといけないのに縮もうと力が入って伸びないといった感じ。
倒れないように抵抗をしないと座れないようであれば、
身体の側面が伸びにくい問題を抱えている可能性があります。
 
身体側面を股関節外旋に合わせて伸長されるように調整すると
倒れずに横座りがしやすくなる方もいらっしゃいます。
※運動制御の問題がある場合は単純なほぐしでは変わりません。
 
身体全体のどこに問題があるのか?は検査を重ねないと判りません。
まずは『現状を知る事』が何よりも大切です。
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加