座る姿勢pt3 長時間のデスクワークで呼吸が浅くなるのか?

Home / 姿勢 / 座る姿勢pt3 長時間のデスクワークで呼吸が浅くなるのか?

『悪姿勢が呼吸が浅くなることに関係があるのか?』
と質問をいただいたのでまとめてみます。
 
以前から姿勢について投稿していますが、
視覚・呼吸の学びから大幅に姿勢の捉え方が変化しています。
とはいえ、今までが間違い?という訳ではありません。
 
悪姿勢も必要なケースがあると捉えられるようになった
というのが私自身の進化と思っています。
 
 

長時間のデスクワークを続けると・・・

 
デスクワーク
 
長時間、PCモニタに向かい作業を続けることで、
 

・目が疲れる・乾く
・首の付け根が痛くなる

 
といったのが感じやすい問題でしょうか。
長時間のデスクワークを休憩をしないで、
継続的に行うと、他にも感じやすい問題が出てきます。
 

・呼吸が浅くなる
・猫背の方が楽になる

 
Foward Head Posture(頭が前に出る姿勢)猫背は一般的には悪姿勢
とされますが、アゴが上がることで眼を内側に動かす筋肉が優位となるため
視線を画面に集中させるためには必要な姿勢です。
見た目・負担ばかりがフォーカスされ悪姿勢とされますが、仕事をする上では
取らざるを得ない姿勢なのです。
 
一方で、肋骨・骨盤を不安定にさせる、腹筋群を弛緩させるなどの弊害
もあります。これが後者の問題につながっています。
 
 

姿勢を正そうというけれど・・・

 
以前は姿勢を正しましょう!といった提案をしていましたが、
上記の内容から悪姿勢が必要なケースもある訳です。
まずはそれを知る事が第一です。
 

 
※スマホも同様なので使い過ぎには気をつけましょう!
 
この姿勢が正しいから、正しい姿勢を維持しましょう!では
PC作業を行う上で視界を安定させるための弊害となります。
まず身体の反応を・気を付けるべき事をお伝えしたうえで、
対策をしましょうとお伝えするようになりました。
 
崩れるから放置するのではなく、一時的に崩れることは仕方ないと納得し
休憩を入れながら仕事をこなし、その後にセルフケアといった流れ
をご提案しています。
※休憩は遠いところを見て眼のピントを合わせる筋肉を休めること
 立ち上がり、同じ姿勢で固まらないようにする事

 
当店では、日々のセルフケア・運動で対応できるところはして、
対応が行き届かないところを来店でといった形を理想としています。 
なかなか出来ない・続かないといったお話は出ますが、少しずつでも
続けられるような環境・意識作りが必要だと考えています。
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。