姿勢pt22 色々とタイプ分けされますが…

Home / 姿勢 / 姿勢pt22 色々とタイプ分けされますが…

悪姿勢はタイプ分けされますが、姿勢が崩れている
理由は人それぞれ異なります。
 

 
各々の姿勢、『原因となるのは?』を検査しないで
『この悪姿勢の原因は・・・これだ!』と姿勢の分類だけで
問題を特定したような気になって施術を始めてしまう
とどうでしょうか??
 
人それぞれ身体の使い方は異なります。
同じような姿勢でもそれに至った経緯が違えば、
抱える問題・原因も異なるでしょう。
 
だから、姿勢検査はしますが「あなたはこんな姿勢」と
お伝えはしても、最初から原因を決めつけないために
姿勢のタイプは一旦頭からクリアします。
 
 

背骨や骨盤の矯正といっても

 
他の手法でどんな事を行うのか?は知りませんが、
団体所属の頃は、主に背骨や骨盤の矯正技術の提供を
していました。他部位にもアプローチはしていましたが、
主に背骨・骨盤に対するものでした。
 
今でも必要に応じて用いる技術もありますが、
大半の技術は覚えていますが、不要なので使っていません。
 

 
施術の結果として、骨間を繋ぐ組織の状態が変わる事で、
骨間のアライメントが修正される事はあっても、
例えば背骨のひとつを所定の方向で押して、その骨の位置が
修正される訳ではありません。
 
背骨の動きがある事は大切なので、全くアプローチをしない
訳ではありませんが、『位置を正すため』を目的に施術は
していません。
 ※そんなアプローチはありません。
 
 

分かり易さは大切ですが

 
姿勢を捉える時に、背骨・骨盤と書くと確かに理解しやすいです。
見た目の変化も分かり易いかもしれませんが、それだけが姿勢を
決める要素ではありません。
姿勢を背骨・骨盤矯正だけでととのえるとするのは分かり易い
ですが、あくまでも背骨や骨盤の可動性・安定性は一つの要素です。
 

 
開眼なら視覚(眼)、閉眼なら前庭覚(バランス感覚・三半規管)
が主に姿勢に影響します。それらが弱れば、他で補う戦略を取ります。
人によって何が影響して悪姿勢になっているか?は異なり、
背骨・骨盤を矯正する事が姿勢をととのえる術ではありません。
一人一人、補強・修正が必要な要素は異なります。
 
と書くと、分かり難い要素が入るだけで敬遠される場合もあります。
それでも必要なものは必要なので、懲りずに書き続けます。
 
 

当店では

 
ヒアリングをしながら何が起点となっているか?をピックアップして
それを元に動作観察、部位評価を行い、原因を絞り込みます。
姿勢といっても、人は動くので動きのある検査も取り入れています。
 

●アプローチで何が変わるのか?
●何のために検査をしているのか?
●何を変えていきたいのか?

 
をより意識して検査・施術を行う意味を考え出してからは、
アプローチする目的が変わり、施術に優先順位をつけています。
 
ただ、背骨・骨盤にアプローチすれば!といった安易な矯正では
なく、あなたの生活がより快適になりつつ、より身体に適正な刺激が
入り身体に変化が促されるように考えて、様々な視点から施術を
しています。
 
 
姿勢改善といっても、その人がなぜ悪姿勢になっているのか?を
調べることが大切で、原因を決めつけて「これをすれば!」とは
ならないよう自分への戒めの意味合いで今日の投稿でした。
 
=======================================
 
先日、購入して読んでいます。
 

 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加