動き・動作pt5 筋肉・関節の動きは制限されていませんか?

Home / 動き・動作 / 動き・動作pt5 筋肉・関節の動きは制限されていませんか?

先日の学びを受けて、アプローチを着々と変化させています。
最終的にどんな形になるんでしょうか?
自分ではイメージは出来ていますが、どう時間を使うのか?
色々と考えるところがあります。
 
私の場合はアキレス腱断裂のアプローチが不十分だったんですが、
ケガをした周辺から全身にかけて、動きにくさ・違和感がある場合
動き・動作をケガをした部位の筋肉の伸縮・関節の動きが変えて
しまっている事が考えられます。
 
 

筋肉・関節の動きは足りていますか?

 
リハビリで筋力が回復している前提ですが、隣り合う筋肉や動きに伴って
連動する筋肉の動きはどうでしょうか?違和感はありませんか?と書いて
明確な回答を返せる方はいないでしょう。
 
筋肉の動きに伴って最適な運動は無意識に作られます。これが正確に把握
出来るのなら、動作・運動を作りたい場合に正否の気付きがあります。
ただ無意識で組み立てられるので、外からの眼が無いと気付くのは難しい。
今はスマホ・ビデオと動画撮影で気付ける点も多いかと思います。
 
動作は様々な筋肉・関節の最適な動きを組み合わせて作られますが、
どこかに問題があれば、それを補う動きを他でする必要があります。
それが不足していることが多いのが、ケガをした部位であることが
あります。
 
厳密には、関節の動き・筋肉の伸縮を作った後にすることはあります。
それらが充分になっても、更に必要なアプローチはあります。
どこまでやって充分なのか?そこも考える必要があります。
 
 

固さや張りを感じる場合に何をしていますか?

 
日常から動作の違和感を感じている、張りや固さを感じる場合、
何かに問題があるのですが、痛みではないのでストレッチで伸ばすなど
自力で対策する方が多いかと思います。
 
自分で解消することが出来ない問題と知っていればどうでしょうか?
対応は変わってくると思います。
 
・痛みは無いし、放っておく
・対応してもらえる所に依頼する
・それでも自力で出来る範囲で対応する
 
対応は人によって、対応を任せる方・店舗・手法も異なるでしょう。
ただ、ダイエットと同じでTVでやってたとか、有名な方が言っていた
と自分の現状・身体に合う・合わないも考えず、話題性だけで選択する
方が多いと思います。
今でいうと、肩甲骨はがし・筋膜リリースでしょうか?
 

 
 

アプローチ法・手法から選択するリスク

 
手法で選ぶのには当然リスクがあります。というのは問題を調べる前から
手法は決められないからです。だから、『あれは良かった』『あれは良くない』
と受けた後で技術・店舗を判断するしかありません。
(これには提供側の宣伝広告にも問題がありますが・・・)
 
本来の流れとしては、検査・評価というプロセスがあり問題を抽出します。
抽出された問題を解消するためにアプローチ・施術をします。
これでも求める結果が得られない事はありますが、最初から決まった手法を
提供されるよりは正確性は高まります。
 
 
それでも、あなたは流行だからとアプローチ・施術を選びたいと思いますか??
必要な部位に必要なアプローチ・施術を受けることが大切だと思いませんか??
 

 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加