みのみpt10 施術をしながら思った事

Home / みのみ / みのみpt10 施術をしながら思った事

開店2年目くらいから来店下さる方と話しながら
ふと思った事。
 
団体所属しはじめの頃は「この技術さえあれば!」と
今思えば『それはない!』と断言できる事を思って
いたような時期もありました。
学び始めの頃の話で、本当に笑い話です。
 
その技術を全く使わなくなって早3年です。
 
 

クライアントでの成長

 
現状の手法で、大柄な方を施術していると
身体の使い方を考えていかないと負担が大きくなります。
 
今、学びに伺う中で講師の身体操作の様子を見ていると、
『楽』にやるからこその施術だといえます。
『苦』でやると、自分に余裕がないので、何も出来ません。
 
実際、話していたのが大柄な方でしたが、
この方のお陰で身体操作の重要性を知りました。
 
団体技術を使っていた頃からなので、当時は自分さえ操れたら
済んでいましたが、現行技術は基本的に相手も動かします。
だから、自分をより楽に動かす必要があります。
 
提供するのが難しい方が来られると成長の機会と捉えて、
提供方法を工夫しています。
これは『型』だけに囚われて練習していた団体所属の頃では
考えなかったことです。
 
新たに何かを取り入れると、自分の何かが変化しているのが
感じられる瞬間があって、それを繰り返しています。
 

 
元々、団体技術だけで仕事になると思って、学び始めた整体が
気付いてみたら全く違う技術が主流になっていました。
 
『変革』『発展』、以前はこれらを放棄した考えだったように
今となると思います。より良いものを提供するために今以上に
日々研鑽していきます。
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加