担当紹介

Home / 担当紹介

TOP
 
8年間、サラリーマン(技術職)をしていましたが、何の拍子か身体に携わりたいと思うようになり
整体との出会いで学びをはじめ、弟子入り・開業と現在に至ります。
 
整体をはじめて11年、開業して7年になります。
・骨格調整術連合会認定 2006.3
・totonoe Licence認定 2010.2
と整体の団体の認定を取得し活動してきました。現在はどちらの団体も脱会しており、
勉強したいと思った技術・知識を学びに各所へ行っています。
 
日々勉強だと痛感しない日はありませんが、勉強の成果として前回よりも改善効果が与えられた時の
嬉しさがあるから続けていられます。日々、皆様のお役にたてるよう研鑽しています。
 
開業して2ヶ月後にアキレス腱断裂、その2年後に左膝前十字靭帯断裂。。と開業後にケガが多く、
リハビリをした後も動きに違和感が残ったのをキッカケに動き・動作に興味を持つようになりました。
 
現在はP-NM法で学んだのをキッカケに独学で動作評価・感覚を中心に学んでいます。
身体の繋がりといいますが、何を連動・連鎖させて動きを繋げていくのか?、力発揮のスイッチのON/OFF
が動作に連動しているのか?といった視点を中心に、現在は学びを広げています。
 
 

勉強会参加・認定資格取得の履歴

 
★認定資格
 
2016
・P-NM(proprioceptive-neuromotor system) soft tissue
 体幹・LPHC(腰椎・骨盤・股関節複合体)・上肢・下肢
  introduction + 全3回
・筋膜の謎解き(8月)・・・Fasciaについて
・咬合と眼球運動(8月)・・・噛み合せ・目の動き
・基本動作(5月)・・・立ち上がり
★NKT Lv1認定資格取得(10月)・・・運動制御評価

2017
★NKT Lv2認定資格取得(2月)・・・運動制御評価
・姿勢制御を眼から考える(5月)・・・視覚、眼球運動
・咬合とアライメント(5月)・・・昨年のブラッシュアップ
・Fascia勉強会(6月)・・・DC,外科医からの学び
・手技療法の寺子屋(6月)・・・触診と押圧操作
・姿勢と運動処方の関係(9月)
・NKT Lv1(9月)・・・運動制御評価
★EBFA公認ベアフットRehabスペシャリスト(11月)
・ASTR 腰部・殿部・腹部(11月)
・ファッシアと徒手療法(11月)