整体なのか?・リラクゼーションなのか?

Home / みのみ / 整体なのか?・リラクゼーションなのか?

昨年からの学びを通じて提供したい事が固まってきました。
開業した時とは全然違った提供内容となっています。
当時は団体技術だったので、団体を離れて使わなくなった事も
あり当然の流れともいえます。
 
ただ、脱会した時に『整体』『リラクゼーション』と2つを惰性で
選んだために今もその2つの単語に囚われていた気がしています。
 
 

『整体』から思う事

 
整体 = 体を整えること
 
読んだまま解釈すると『整える』。具体的に何を?となると
姿勢・骨格といった事がよく言われています。
 
実際の提供内容はどうでしょうか?
揉み解し・アジャストメント・矯正・バキバキ・独自技術と
いったものがよく書かれています。
提供内容が違っても、身体が整えば良いのでしょう。
 
『調整・矯正で歪みが整うのか?』と疑問は常にありました。
その疑問の答えが得られたのが、昨年の学びでした。
 
だからこそ、動き・機能を正常化していくといった提供に
変えました。そこが変わらなければ何も変えられません。
その結果として、身体の使い方が変わって再構築されると考え、
施術を提供するようになりました。
 
どこへ行っても『身体の歪み』です。分かり易いのでしょう。
ただ、流行よりもより良いものを提供する事が目的なので、
必要に応じて正すです。
 
 

『リラクゼーション』について思う事

 
これは範囲が広すぎますが、言葉の響きから求められるのは
『心地良さ』なのでしょうか? 団体所属していた頃は『痛気持ちいい』
がキーワードになっていました。
 
ただ、英単語を直訳すると『弛緩=ゆるむ』です。
何を緩ませるのか?と考えると、一般的には筋肉となるでしょう。
と思って残していましたが、揉み解し感覚で来られた方が思っていた内容
と違う、ゆったり受けられないといった不満なのか?かといって、
質問にも答えて頂けないことがありました。
 
『これは需要と供給の合致がされていないな』と思ったのもありますが、
本当にリラクゼーションという言葉はアロマ・オイルなどを使ったもの
から『心地良さ』を追求した言葉に使われているので、受け取る側の
求めるものに合っているか?と言われると甚だ疑問があります。
 
 

まとめ

 
受け取る側に伝わらずに揉み解しの店と思われて、提供内容が違うという
のはどちらにとっても不利益です。少し考える必要があるなと昨年から思って
いますが、どんな方向性で提供しているか?していくか?を明確にしないと
結局、また変えましたの繰り返しとなってしまいます。
提供内容と合致する名前に変える事は考えていますが、もう少し突き詰めて
考えないとと思って、今回の投稿をしてみました。
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加