動き・動作pt3 身体の動きは適切ですか?

Home / 動き・動作 / 動き・動作pt3 身体の動きは適切ですか?

身体は「ねじれ」「傾き」ありきでバランスをとっています。
 
骨の形状、内臓の位置など、内部が既に左右非対称です。

理想的な教科書に書いたような姿勢で維持することもできません。
理想的な状態を作るのも困難ですが、維持する方が難しいでしょう。

今年、P-NM法を学びながら、身体に対する考え方が変わってきました。
姿勢を正す → 負担が減る → 痛みも減る → 楽
と学びの浅さから短絡的に捉えていた時期がありました。

現在は「動きが適切か?」もコンセプトに挙げています。
以前、股関節の動きで関節可動域を図示しました。
この関節可動域(ROM)が適正でない場合、
動きを補うために代償動作が起きます。

股関節の内旋・外旋が足りなければ、腰を捩じろうとして
元々1~2°しかない可動域の腰椎を無理に捩じってしまい
腰に負担がかかります。
股関節の動き-1

股関節の屈曲(腿上げ)も90°、骨盤の屈曲も合わさり125°と大きな動きがあります。
これも足りなければ腰椎に負担をかけます。
股関節の動き-2

この負担をかけないために適正な可動域が必要です。

可動域を狭めている要因は人によって違います。
そこを特定せずに適当にほぐして可動域を確保します・・・では、誰でもできます。
評価の大切さを改めて感じたのは10月に受講したNKT Lv1セミナーでした。

トレーニング・リリースは大切ですが、
抑制された筋肉を鍛えても使えません。
促通された筋肉を特定せずに緩めても、抑制された筋肉は促通されません。
『筋肉の関係性を特定し、筋肉の働きが適正であること』
を基準の一つに姿勢を考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。