筋膜・Fascia pt2 筋膜リリースについて

Home / 未分類 / 筋膜・Fascia pt2 筋膜リリースについて

断面とザックリした構成がpt1でした。
今回は筋膜リリースについて

『筋膜リリース』という言葉・ツールが溢れています。
フォームローラーやボールでコロコロすることを
筋膜リリースと呼んでいますが、体内で何が起きているのでしょうか??
 
13681083_1126453017397798_2010964006181944880_n
 
 
 

筋膜リリースで何が起きているの??

 
リリースとは、広義の捉え方では「感覚を変えること」です。
筋膜リリースとしてよく書かれているのは、筋膜の萎縮・癒着をとる
とあるので、ここでは構造的な変化をもたらすことと解釈します。
 
確かにコロコロしているとコリがほぐされた感じがして、事後には関節可動域が広がり動き易くなります。
所謂、筋膜の萎縮・癒着が解消されているか?といえば・・・されていません。
広義の意味で感覚は変わっているのでリリースとはいえますが、
萎縮・癒着がとれるなどの構造的な変化はないといわれています。
 
徒手による圧に関してもいえる話ですが、強圧が好きな方は注意!
マッサージ感覚でゴリゴリと強圧をかける方がいらっしゃるようですが、
逆に固い組織を作る原因となるので全くの逆効果です。
 ↓↓
心地良いからで行うのは止めませんが、良くはないです。

 
 
筋膜リリースといわれていますが、実際にアプローチしているのはファッシアです。
ここにコロコロと刺激を加えることで、ファッシア内の固有感覚受容器と呼ばれる
刺激を感知するセンサーが圧といった刺激を感知することで感覚を変化させている
といわれています。
 
更に続きもありますが、細かい話はやめておきます。
 
 
また、固有受容器と呼ばれる体内のセンサーには、振動を感知するものもあります。
圧・振動とかけるツールがあるのはそのためです。


 
また、『筋膜はがし』とリリースを直訳して『はがす』としたものがありますが、
組織がはがれることはありません。学んでいく中で誤解を生む表現だと感じています。
何でも直訳すればいいのか?と感じています。
 
学びに伺う度に細かいところでも情報は変化しています。
上記した情報は来年には変更されているかもしれません。
それくらいにFasciaはまだまだ未知の組織です。
 
 

【余談】歪みについて

 
『歪み』は必要以上に不安をあおる表現だと認識しているので使いません。
 (営業的には必要な表現なのかもしれませんが、性に合いません。)
身体の歪み、骨盤の歪みという表記にもいえますが、変形をイメージさせるからです。
身体が骨格の変位で歪んでみえると言われますが・・・左右対称に近づけるといえても
厳密には左右の筋力差・骨格の形状からも完全な左右対称には出来ませんよね。
 ↓↓
当店では、左右で偏り過ぎた動きを整えていくイメージで施術をしています。
使い易さの偏りを減らして、刺激の入り方を揃えていく感じでしょうか。
結果としては、歪みを矯正していく事には繋がりますし、動かしやすくなります。
とはいえ、利き手・利き足はあるので、どこまでするか?ということはあります。
 
 
筋膜に関しても同じですが、様々なHPを見ていて思いましたが
筋膜の歪み??しわ??状態のイメージが湧かないです。
基質部分は粘体なので、しわが出来ないのでは??とも思います。
肥厚、高密度、線維化などの変性について教わっていますが、歪むことは聞いたことがありません。
 
NGである事を伝える術として『歪み』といった表現は楽なのかもしれませんが、
状態を説明できないから、『歪み』という表現に転換しているようにしか思えません。

2017.9.15追記
先日、受講した理学療法士さんのセミナーで骨盤帯の評価から施術のデモがありました。
 
〇〇だから〇〇の可動性が低下する。
△△の影響をうけて△△が△△に変位する
 
とその説明が運動連鎖を絡めて簡潔でスマートにまとめられていました。
機能解剖学・運動学の復習と実践をしないと!と痛感しました。
普段から私は使いませんが、歪みと誤魔化すのではなく、
 
●現状がどんな状態なのか?
●問題はなぜ起きているのか?
 
をより的確に説明して、何をするのか?までがスマートに伝わる重要性を
分かっているつもりで中途半端で止まっている事が判ったのが今回の成果のひとつでしょう。
先日から読んでいる本にあった内容と絡めて、学びの在り方も大分変ってきています。
 
 

☆スタンプカード、クーポンはこちらから☆

 
LINE@友達限定のクーポン・抽選・情報発信も準備中です。

LINE@ ID
『@ose2456w』

SmartPhoneからはこちらから
ja 

PCの方はこちらから
line

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。