施術

絞り込まれた要因について適正なアプローチを行っていきます。
抱えている問題、身体の状態によって使うべき技術は異なります。

※強い痛みを伴う技術もありますが、事前に説明・確認のうえ行っています。
 施術の間が空けば組織の状態も変化するので、アプローチした際に
 痛みを感じることが多くなります。
 
 
【写真】殿部側方の筋を抑制し、働きを影響される筋肉を促通させるために
アプローチしています。
 

 
筋膜リリースで広がっていますが、実際には筋膜へのアプローチではありません。
脳からの命令伝達を修正するためにFasciaへのアプローチしています。
 
 

当店は〇〇整体といった団体に所属していません

 
整体で『〇〇協会』『〇〇整体』の技術を使っています。
とありますが、当店は団体所属していません。
担当紹介にも書いていますが、スポーツカイロドクターの勉強会に参加し
先生から学んだ評価・技術を主にし、その土台となるものも別途学び
活用しています。
なので、提供内容は海外のコンセプトが主となります。