姿勢pt4 PC作業・スマホ操作が多い方、首に負担がかかっていませんか?

Home / 動き・動作 / 姿勢pt4 PC作業・スマホ操作が多い方、首に負担がかかっていませんか?

四条近くに店舗がある関係でオフィス勤務の方が多いのですが、
視線を書類とモニタで行き来させる状態が続いてしまう時、
目・首とどちらで視線を移動することが多いでしょうか?

デスクワーク
 
 

目の動かし易さと視野について

 
ノートPCで作業をする場合、単純に俯いて画面を見るのか?
俯き+目線も下げて作業をするのか?どちらでしょうか?
 
デスクワーク
 
腕・足を動かすように、目も筋肉が使われ上下左右に動きます。
目の動かし易い・動かし難い方向なんて考えたことはありますか?
 
「眼球運動と全身アライメント」のセミナーを受講し
眼球の視野が確保されていることの重要性を学びました。
 
全体の視野 = 眼球の視野 + 首の回旋可動域
 
と視野は、眼球・首と2つの動きから決まります。
無意識にあれこれと観ている時、どちらが動いているか?動かすか?
は自分の意志で決められません。
 
 

視野を確保するために必要なこと

 
視野を確保するためには目の動きがスムーズであること
目を動かす筋肉の働きが正常であることが必要です。
眼球の視野が狭ければ、首をより回して視野を確保するからです。
首を過剰に回すことによる負担を掛けなければ痛みが起こりにくく、
頭・首の回旋可動域の見直しにもつながります。
 
普段からスマホに注目して眼球の動きが少ない方が多いです。
首の負担を減らすためにも『視野』を見直しましょう。 
首の張りが気になるという話を多くいただきますが、
目の動きが確保することで、首への負担を減らすことにもつながります。
 
首が痛いから、首を揉めば良い訳ではありません。
ケアの方法も見直しましょう!
 
 

☆スタンプカード、クーポンはこちらから☆

 
LINE@友達限定のクーポン・抽選・情報発信も準備中です。

LINE@ ID
『@ose2456w』

SmartPhoneからはこちらから
ja 

PCの方はこちらから
line

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。