体幹を鍛える?使えるようにする?

Home / 動き・動作 / 体幹を鍛える?使えるようにする?

『体幹を安定させる』ために『体幹トレーニングを!』と思われる方が
チョコチョコいらっしゃいます。
 
昔、来店されていた方もお子さんのトレーニングに『プランク』のような
固定させるためのトレーニングを主にさせていたようです。
(その頃、今ほどの知見も無いので、色々調べているな程度の考えでした)
今では、一般的になり過ぎて小学生にも体幹トレーニングをなんて話も
伺う事があります。
 
やりたい事を中心に情報を集めてしまうので、不都合を感じる情報は
耳を塞ぎがちです。耳を塞いだ情報こそ必要なのかもしれません。
そんな今回の投稿です。
 
『鍛える』事が目的ならスルーで構いませんが、体幹トレを何かに
繋げていきたいと思っているなら、ちょっと寄り道を・・・
 
 

使い方に偏りはないか??

 
施術前に検査していると
 

●左右いずれかの回旋がやり易い
 →ゴルフ・野球のように体幹を回す方向が固定されていると余計に
 
●筋肉の作用する方向が変わっている
 →近接する筋肉の影響を受けて、出力低下を起こしている
 
●局所的に負担がかかっている
 →動作が偏った結果、負担のかかる部位は固定されてくる

 
といった問題が体幹でもあることが多いことが判ります。
このまま鍛えるとどうなるでしょう??
 
動きの偏りを助長する、負担をより掛けてしまうなどが予想できます。
より不均衡な状態が強まる場合もあります。

 
各々の筋肉が力発揮され、動作に偏りがないのが使えることではないでしょうか?
ただ、競技特性によっては意図的に作っている事もあるでしょうけど、
偏りの強さは身体を壊す危険性を高めているだけに思えます。
 
 

昨今、言われていますが

 
固定するためのプランクなどのトレーニングが必要か?
その後に何をしたいか?を考える必要があると思います。
 
固定したままで行うスポーツは無いので、
動きを作るためというのであれば、私は不要だと思っています。
ただ、固定する力をつける一環として行う場合はあるかもしれません。
 
ただ、『必要か?』を考えずに続けている方もいるでしょうし、
知っていて必要と判断して続けている方もいるでしょう。
 
まずは『それが必要か?』を考えることが大切だと思います。
 
EMSで鍛える・・・というのも楽して鍛えられません。
廃用している場合は有効ですが、日常生活が送れていれば
そこまでの効果は見込めないでしょう。
 
 

当店の提案

 
屈曲-伸展、左回旋-右回旋、左側屈-右側屈といった
動きを観察し、問題をピックアップしていく。
制限因子に対してアプローチし、問題を取り除く。
 
対抗する動作のどちらかがやり易い場合、筋肉の相互関係を
見直してやり難い動作をやり易くしていく必要があると考えています。
 
どんな動きにも対応できること、偏りなく動けることを
ニュートラルな状態とするなら、そこを目的にしています。
 
筋肉の使われ方の偏りを減らし、ニュートラルな身体をつくっていきませんか?
 
 

お問合せ・ご連絡にご利用くださいませ

 
 友だち追加